Profile

代表 井上祐里(Aloha)


自己プロデュースが常識の時代
人類はみんな芸能人― これからの時代はネットワークの加速により国境がなくなっていきます。自分で自分をプロデュースし、アウトプット(発信)していく力がこれからの時代を生き抜いていくのに必要不可欠です。しかし、日本人は自己表現を苦手とする国民性です。個人の主張を控えめにすることを良しとする日常生活を送っていれば、「アウトプット力を鍛えたい」「自己表現力をUPしたい」と思っても安心して伸ばせる環境をさがすのは難しいでしょう。「わたしって最高に素敵でしょ?」と言える友人を見つけるのが難しいように、大人になると100%肯定し伸ばしてくれる環境を探すのは至難の業です。井上祐里(Aloha)はダンスの技術指導だけでなく、個人の長所を見つける才能を持ち、個性と表現力を伸ばしきることを喜びとする人間です(詳しくは代表紹介をご覧ください)。出会い、繋がり、長所を引き出し、表現を恐れない自分になろうとするメンバーたちと繋がることであなたは信じられないほど変化します。慌てずゆっくりで大丈夫ですよ。誠心誠意サポートいたします。
  • 井上 祐里いのうえ ゆり (YURI INOUE)

    生年月日 1987年11月22日生まれ/O型/さそり座
    プロフィール パーソナルトレーナー
    振付師
    演出家
    ダンサー
    性格 個性を一番大切にする
    経歴 1994-2003 クラッシックバレエ
    2004-2007 社会人ミュージカル劇団
    2009-2011 某健康食品会社勤務
    2012 都内某ショーレストランR ダンサー
    2014     〃    ダンサー講師
       ベリーダンスを始める
    2015 ベリーダンス国内コンペ優勝
    2016 ベリーダンス国内コンペ優勝
       スタジオアロハ開業
       ショー派遣事業開始(-2021)
    2021 ダイエット事業開始
       オンラインレッスン開始
       通販事業開始
       パーソナルレッスン専門化
    2022 出張サービス開始(予定)
    logo
    時代の変化に伴い、人類の「健康」への意識が大きく変わりました。
    2016年開業のダンス教室スタジオアロハは、2021年から年齢・性別に関わらず全ての方の「健康で美しくいたい」に対応するためパーソナルレッスン専門の美容・健康の総合スクールへ進化。これまでの自己表現力と、表現のための道具でもある肉体サポートの2軸で現在は行っております。 ”レッスン”にこだわるのには理由があります。一時のサービスで何かを解消する対処療法ではなく、学び・ノウハウを身に着け「セルフメンテナンス」つまり自立できるよう教育をうけることが最も有益であると考えるからこその方針です。例えば、パソコンスキル・税金・不動産等 専門的でわからない事をひとに直してもらおうとすることはお金がかかります。それらの相場すらしらなければ騙されて損をすることもあるでしょう。しかし、仕組み・ロジックを身に着けてしまえばどうでしょうか。そんな「依存ではなく自立」考え方を指導方針に応用しております。 新しいことを学び、また分かりきった事ももう一度丁寧に行い、まだ見ぬ時代を生きるために挑戦しいくつになってもイキイキ、そんな人生を送っていただきたい。 皆様の健康をこころより祈っております。ダンスによる表現指導はこれまでと変わらずやってまいります。
    なによりも私自身の身体・生き方を通してメリットの実演(証明)になればと思っております。


私の持っている才能について説明します

Alohaの基本理念

カラダを変えれば視野が変わる
身体から自己表現・アウトプットを恐れない人間になる

身体は自己表現の道具―どんなひとでも他人と比較し、自信を持てず、気づけば自己表現(自分を出すこと)がストレスになってしまうことは経験があるとおもいます。様々な解決方法が世の中には存在しますが、それを肉体アプローチで変えられるというのが私(Aloha)の基本理念です。時代の変化が目まぐるしくストレスを感じ、様々な現代病により不調を感じる人もる人も多いと思いますが、この状況だからこそ体をポジティブに保ち続けることは非常に重要なこと。体が整っていないと物理的老化や不調を加速させるだけでなく、自信・自己肯定感情・積極性・ポジティブシンキング等 精神にも大きく影響を与えることになるからです。昔から「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉が言い伝えられている通りではありますが、不安の大きいこの時代にこそ自分自身を整える力が個人にもともめられるのではないでしょうか。”出会い”が人生のすべてといっても過言ではないのです。このページをお読みいただいたあなたと共に新しい時代のアウトプットを楽しみ、共にあゆみ、生きていきたいと心より願っております。

Alohaの歴史


不器用でおちこぼれ、何もできなかった私だったからこそ良かったなと思うところがたくさんあります。
今でこそ、健康・美容・華やさとポジティブの象徴のように思われることも多くなりましたが、もともとがすべて今の逆だったのだということはあまり知られていません。

わたしは生まれて初めて受けた教育がアメリカ社会で生きていくための幼少教育であり、個性・アウトプット(意見を述べる力)・個人を重んじるものでした。0歳からアメリカ サンフランシスコにいたからです。その影響を色濃く受けてのびのび過ぎるほどに自由に育ちました。日本語よりも英語を多く話し、意見や見解を祖父母にズバズバいうような言ったら生意気な子供だったと思います。その後日本教育に身を置く中で様々なカルチャーショックを経験しました。「そろえる・合わせる」で悩み、「空気を読んで」「意見を控える」で精神的自由を奪われ、「美しさとは個性ではなく正解の形がある」ことも刷り込まれ日本に馴染んだ素振りはうまくなっても内心はきつかったですね。日本で生まれ日本の教育で育った方々からすればそれがどれほどの違和感と苦しみなのか想像もできないと思いますが今でもその当時を思い出すと苦しいです。そんな中、言葉や価値観の壁を越えて、めいっぱい自己表現していいダンスでした。運命としかいいようがない!すべてをかけて「ダンスがやりたい」と親にお願いしました。


しかし、この後からは肉体状況からさらに苦しむことになりました。ダンスをするには身体という道具を使います。肉体のポテンシャルが表現するうえでものをいいます。水泳による肩幅のコンプレックス・体重が落ちない・筋肉が硬い・筋肉がつきやすい・足の短さ・むくみやすさ・筋肉による各部分のサイズアップ等 ダンス教室に週4回以上通っている学生とは思えない程体の悩みをもっていました。同じように教室に通うのびのび美しい子たち(当時の感想)と比較し、自信を持てず、気づけば自己表現がストレスになっていってしまったのです。しかし、精神的自由を唯一感じられるダンスを失うことは死と同じくらいに感じていましたのでそこで諦めませんでした。這いつくばる気持ちで覚悟しました。「今よりもっと健康で美しい体で最高の表現をするダンサーになる」そんな誰もが思いそうなことを勉強・応用・実践し続けた。一般的な方法は全て試し、買えるものは買い、人体構造から勉強し、仮説-実践-検証-記録を繰り返しトライアンドエラーを繰り返した結果、すべてに通じる方法を見出したのでした。それは普通のダンス教室でも、身体を変えるためのエステサロンでも、ダイエット商品でも誰も教えてくれないものでした。無意識を意識化し、体の仕組みと自然のバランスによって編み出された方法とノウハウの信ぴょう性は、私の今の肉体が証明してくれていると思っています。何歳になっても続けられる方法です。身体を美しく健康に整えることの大切さをパーソナルレッスンだけでなく、ブログ、メールマガジンでも共有していきたいと思います。今のアウトプットは、わたしが肉体から精神の自由を手に入れたことの何よりの証明です。

<歴史から今につながる指導方針>

個性を大切に / 自己表現は怖くない    揃えるが勝ちではない / 正解はない 

全てが経験になる / 全てが勉強になる /肉体を整えること=精神を整えることにつながる

とにかくやってみる / 各々がポジティブでいられる状態を知る

(取材:国際情報マネジメント有限会社 B‐Plus 仕事を楽しむためのWEBマガジン)

SNS
プライベートも含め自然体の姿を公開しています。レッスンを始める前に「どんな人なんだろう」と不安な方は見てみてください。
※FACEBOOKとInstagramはメッセージを添えて友達申請してくださいね♪

井上祐里のメールマガジン 毎週(月)・(木)配信中 無料購読はコチラから
井上祐里 fACEBOOK
井上祐里 Instagram